FC2ブログ

ホイルベースが短いクルマ

sma01.jpg sma02.jpg sma03.jpg

ホイルベースが短いクルマはスマートですね。
一番目の画像のようにリフトアップしようにも出来ません。
黄色の部分を踏んでいてダメなんです。
ジャッキを使いました。

二番目の画像のようにヒビ割れのためにタイヤ交換です。
三番目の画像のコンチを装着しました。
スマートはタイヤサイズが特殊なため合うタイヤが少ないです。
スポンサーサイト



ホイルベースが長いクルマ

v01.jpg  v02.jpg  v03.jpg

当社では色々な車種のタイヤ交換をさせてもらってます。
ホイルベースがもっとも長いのはベンツVクラスです。
二番目の画像のようにリフトアップの際に「アーム」を目一杯伸ばしました。
伸びたアームを補助するために、三番目の画像のようにガレージジャッキを当てました。

装着したタイヤは215/65R15のミシュラン・パイロットプライマシーです。元々はミシュラン・アジリスというタイヤが装着されていました。しかし荷物も人もたくさん乗せる機会少ないのでアジリスの必要なしとのこのクルマのオーナーの判断でした。この選択は正しかったようで「高速走った時の安定感がアジリスの時より格段に向上した」との感想もらいました。

バルブについて考える(2)

baru3.jpg baru4.jpg

で続きです。
金属のバルブは画像のようなホイル内部の「出っ張り」は小さい方が望ましいと思います。
ちなみに
上の画像は:VWゴルフGTI純正ホイル
下の画像は:レイズTE37
です。

バルブについて考える(1)

baru1.jpg baru2.jpg

某有名ホイルメーカーのホイルに装着のタイヤが摩耗し交換しました。
このホイルのバルブは一番目の画像のようなものです。
金属製のバルブでホイル内部に「モッコリ」せり出しています。

タイヤを組む時にここに引っかけないよう気を使います。
無神経に組むと引っかかってポキッっと折れたしします。

BMW M3にパイロットスポーツカップ

M3.jpg

BMW M3 (E46) にパイロットスポーツカップを装着しました。
前輪;235/40R18
後輪;265/35R18
国産タイヤメーカーのSタイヤに比較して随分乗り心地も良いらしいです。
「ストリート+たまのサーキット走行」の用途にはピッタリです。

手作業でボルト・ナットを締める理由(その2)

kono2.jpg kono1.jpg

で昨日の続きです。
キチンとボルトナットのネジ山が噛み合ってなかった場合に正常に取り外せません。
当社では取り外しの際にはインパクトレンチを使います。
緩める強さは最初から弱めに設定。
これで正常に緩まない場合に手作業で模様みながら進めます。

緩まない時には「ネジ切れる」可能性があります。
そんな時にはお客様に了承を得てボルトが折れるのを前提に進めます。
最初の画像はそうやって無理に取り外したボルトナットです。
二番目の画像のようにクルマ側からのボルトが折れて短くなっています。


某メーカー系タイヤ販売店でタイヤ交換された際に不備があったようです。
キチンとネジ山噛み合ってないのにインパクトレンチで締めたに違いありません。

手作業でボルト・ナットを締める理由

jyu2.jpg jyu1.jpg

当社ではタイヤホイルをクルマに装着する際に、手作業でボルト・ナットを締めます。
「インパクトレンチ」って名称の機械を見たり聞いたりしたことあると思います。
銃のようなカタチした空気圧でナットやボルトを回す機械です。
これを使用して締めると「正確にネジとネジが噛み合ってなくても」締め付けてしまいます。
そうなると次に緩める時にはまともには緩みません。

そこで当社では画像のように手作業で締めます。
これですと感触でキチンと締まっているか否かがわかります。
回り難い場合にはネジとネジの噛み合わせがうまく行ってません。
気づいた時点でゆるめて再度締めます。

特に日産やスバルはナットピッチがM12xP1.25と言って非常に間隔が狭くネジ切ってあります。
トヨタ等のM12xP1.5より間違って締めがちなので要注意です。

続く・・・

ホイルから接着式(貼付式)バランスウエイトを剥がす時

hari3.jpg

ホイルから接着式(貼付式)バランスウエイトを剥がす時には
●ウェイトリムーバー
●バッファソリューション
を使用します。
●ウェイトリムーバーとは樹脂製の平べったい棒です。これは樹脂なのでホイルに傷がつきにくいです。金属製のマイナスドライバーで剥がしたりする業者もいるようです。確実に傷がつきます。
●バッファソリューションとはスプレー式の溶剤で、接着式(貼付式)ウエイトが取れ易くします。

お客様の期待にそえなかったレグノGR8000 (その2)

q11.jpg q12.jpg

で昨日の続きです。
二年前にとある会社の二台のセルシオに同時にレグノGR8000を装着しました。
それぞれ違う方が運転(いわゆる後部座席のお偉いサン乗せる運転手さん)し両者GR8000に満足されませんでした。
昨日の記述のように一台はBSのトランザER300を装着しました。

もう一台にはヨコハマ・DNAデシベルES501を装着させてもらいまいた。
静粛性を期待してのお客様の選択です。
「びっくりするぐらいに静かになった!ゴツゴツも解消されて大満足!」との感想をもらっています。

お客様の期待にそえなかったレグノGR8000 (その1)

er300a.jpg er300b.jpg er300c.jpg
約二年前に画像のセルシオにBS レグノGR8000を装着しました。二台同時期に装着しました。
レグノ=静かで乗り心地が良いタイヤ、との評判を信用してのお客様の指名買いでした。
しかし実際にはお客様の期待にそえなかったようです。
パターンノイズは期待した程に静かではなく、かつハンドリングは妙にグニャグニャしたとの感想でした。これは当社のインプレッションに載っているセルシオの方の感想とまったく同じです。
そこで「もう静粛性は期待せずに高速道路での安定を重視」してトランザER300をお客様が選択されました。装着後一週間して「期待通りで満足!でもGR8000の期待ハズレは何だったんだろう?」との感想をもらいましした。
もう一台のセルシオに関しては明日報告します。

ボルボXC90にピレリ・スコーピオン

xc90a.jpg xc90b.jpg
このブログのトップページに使っているボルボXC90のタイヤ交換について説明します。

タイヤサイズは235/60R18です。
結局装着したのは二番目の画像のようにピレリ・スコーピオンゼロです。

でも実はお客様が希望したのはミシュラン・ラティチュードツアーHPでした。
このタイヤは2007年6月1日から発売開始となり、235/60R18はそのプレスリリースの表にも「2007年8月発売」と書いてあります。

昨年の8月にお客様から注文もらい「8月の発売予定が遅れておりまして」とのミシュランからの回答ゆえずっとお客様には待ってもらっておりました。
信じられないことに2007年年末になっても発売のメドがたたず、タイヤの摩耗も進行したのでミシュラン・ラティチュードツアーHPは諦めてもらいました。年明け早々にピレリを購入頂きました。

驚くべきはそのタイヤが今年の6月には発売になるようです。2008年のカタログや公式ホームページではそうなってます。
当初の予定より10ヶ月遅れ。それはしかたないにしても、昨年11月や12月に入荷予定聞いても「わかりません」の一点張り。もっと早く情報が欲しかったです。

ミシュラン・ディーラーコンベンションに出席

de01.jpg de02.jpg de03.jpg
年に一度の恒例行事「ミシュランタイヤ ディーラーコンベンション」に出席しました。
ミシュランタイヤが我々タイヤ屋を招待し、新商品の発表や商品説明、質疑応答する催しです。
最後には立食パーティーでお開きとなります。
今年は東京紀尾井町のホテル・ニューオータニで開催されました。
今回は全国から35社が招待され、人数や会場から判断する限り比較的小規模でした。

過去にはもっと盛大で華美な時もありましたが、時節柄?経費節減ってことでしょう(苦笑)。
ただグッと人数絞った中に入れてもらってるんでありがたいと思うべきでしょう。
記憶のある限り過去には
2007年 パンパシフィック・横浜ベイホテル
2006年 ホテル日航東京(お台場)
2005年 六本木ヒルズ
2004年 ホテルラフォーレ東京
2003年 横浜ランドマークタワー
2002年 ホテルグランパシフィックメリディアン
でした。
F1にミシュランがタイヤ供給していた頃は会場にF1マシーン飾ったりもしてました。

さてディーラーコンベンションは我々タイヤ屋とミシュラン社員との意見交換の場でもあります。
質疑応答の際には結構辛辣な質問が出席者から浴びせられます。
今年は「ミシュランのタイヤに貼ってあるラベルは他社の商品に比較して汚い。あれなら見た目で他社のタイヤをお客様が選んでしまう。何とかならないの?」ってのがありました。
残念ながらミシュランからは役人的と言うか、差し障りのない「善処します」って回答ばかりです。
プロフィール
村上浩一。1957年6月14日生まれ。家族は妻、子供三人、黒ラブ一匹。趣味はゴルフ。

Koichi Murakami

Author:Koichi Murakami
福岡のタイヤ屋、村上タイヤのブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる